既存街並みの高効率化と事業継続性強化

清水建設株式会社

地域内にある複数の企業が連携して、BCPに取り組むことで他の地域との差別化を図る取り組みが東京都京橋地区で始まっている。清水建設が中心となり、事業継続マネジメントシステムの国際規格であるISO22301を活用して被災時における生活水の供給など地域の安全性を確保するとともに、エネルギーマネジメントシステムのISO50001を使って地域全体のエネルギー効率を高め環境と防災の両立を目指す。

東京都中央区京橋地区。江戸時代には日本橋と並び商いの町として栄え、東海道を日本橋から上方へ上る際の最初の橋として重要な意味を持っていた地域だ。銀座に近く歴史を感じる町並みは戦後の文化人たちに愛され、現在でも小さなアートギャラリーや骨董屋が立ち並ぶ地域である。「京橋地区は、近くに日本橋、銀座、八重洲といった日本有数のブランド地域があり、

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。