1月26日の正午、「東京都内の複数の製薬会社に、脅迫文とともに、白い粉の入った封筒が送りつけられたことがわかり、警視庁が捜査を始めた」との速報が流れました。ニュースによれば、前日の25日午後、製薬会社6社に、白い粉末と脅迫文が入った封筒が郵送され、脅迫状には「青酸カリを入れたニセモノの薬を流通させる。ことしの2月22日までに3,500万ウォンをビットコインで送りなさい」などと記され、いずれも透明なポリ袋に入った状態の白い粉末が同封されていたということです。警視庁が簡易鑑定したところ、粉は猛毒のシアン化カリウム(青酸カリ)の可能性が高いということです。

アメリカ炭疽菌事件での白い粉

この事件を見て、「アメリカ炭疽菌事件」のことを思い出しました。2001年の米同時多発テロの直後に起きたもので、2001年9月18日と10月9日の2度にわたり、アメリカ合衆国の大手テレビ局や出版社、上院議員に対し、炭疽菌が封入された容器の入った封筒が送りつけられました。この炭疽菌の感染により、5名が肺炭疽を発症し死亡、17名が負傷しています。
アメリカの炭疽菌事件は、その解決までに10年近い歳月がかかりました。FBIが、科学者だったブルース・イビンズの単独犯行であると宣言したものの、本人は自殺。最終的に米司法省がイビンズの単独犯行であると結論付けたのは2010年のことでした。
しかし、2001年の炭疽菌事件以降、愉快犯による「白い粉事件」が相次ぎました。イギリスに本社を持つテロ対策の専門誌の編集長から聞いた話ですが「炭疽菌事件後は、人々は奇妙な白い粉を見るや否や当局に電話をするようになり、当局は、その電話を受けると、地域を閉鎖して関係者を除染し、分析のためにサンプルをラボに送らねばならないため、会社の場合、結果が出るまでは、そのオフィスは閉鎖となった」ということです。このような白い粉事案の対象になったのは、銀行から結婚式まで幅広いそうです。連邦政府から地方の消防、ビジネスに至るまで、このコストは膨大であったと考えられます。

アメリカの炭疽事件で、懸賞金が掛けられた情報提供を呼びかけるポスター
ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方