特別寄稿

内閣官房新型インフルエンザ等対策室 
内閣参事官 杉本 孝

■はじめに 
変異するウィルス・過去のパンデミー
本年8月に、米国のいくつかの州で豚インフルエンザ H3N2vが人に感染する例が合計 200 人以上報告された。このウィルスは、香港インフルエンザ H3N2 に 09 年に発生したパンデミックインフルエンザの遺伝子が交雑したものと考えられており、農業見本市などで生きた豚と濃厚に接触した子供が多 く感染・発症したもののようである。その病原性は弱く、人から人に感染する力も弱いようであり、幸いなことに現段階大きな問題とはみなされていないが、注意深くフォローする必要がある。

インフルエンザウィルスは、遺伝子の変異が激しく、水鳥が本来的な宿主であるが、偶発的に豚や人に感染し、変異を繰り返すうちに、人から人に効率 的に感染する力を有するようになる。それが多くの人が感染したことのないタイプであれば、免疫がないために、世界的な大流行(パンデミー)を引き起こし、時に重大な被害を生じさせることがある。過去に知られている最も重大なものが 1918 ∼ 19 年に世界中を襲ったスペイン風邪である。第一次大戦 中であったために目立たないが、世界で 4000 万人ともいわれる死者を出し、我が国でも 38 万人余の 犠牲者を出した。その後も 57 ∼ 58 年のアジア風邪 (H2N3) 、68 ∼ 69 年の香港風邪(H3N2)がパンデミーとなった。

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。