テロ、新型インフルエンザ、サイバー攻撃などを想定

ストリートワイド訓練は、2003年に英国の金融機関がテロ対策として初めて実施し、その後、世界各国に広がっている。想定シナリオは、テロ、新型インフルエンザ、サイバー攻撃など多岐にわたる。欧米におけるストリートワイド訓練の発展の経過と、国内における動向をまとめた。

日本銀行金融機構局が2010年にまとめたレポート「海外における『ストリートワイド訓練』の概要」によると、金融業界でのストリートワイド訓練は、2003年に英国がテロ対策として初めて実施した(英国ではマーケットワイド訓練と呼ぶ)。16の金融機関が参加し、各社の業務担当者が会議室に集まり、テロを想定したシナリオに対して、金融業界全体としての対応を議論した。 

英国では、2004年、2005年もテロを想定したストリートワイド訓練を実施。参加企業は32社、70社と毎回倍増し、それに伴い危機管理部門以外の業務部門も参加するようになった。2005年には、シンガポールの金融機関が、テロ対策の業界横断的な訓練として導入し、国際的な広がりを見せ始めていった。 

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方