テロ、新型インフルエンザ、サイバー攻撃などを想定

ストリートワイド訓練は、2003年に英国の金融機関がテロ対策として初めて実施し、その後、世界各国に広がっている。想定シナリオは、テロ、新型インフルエンザ、サイバー攻撃など多岐にわたる。欧米におけるストリートワイド訓練の発展の経過と、国内における動向をまとめた。

日本銀行金融機構局が2010年にまとめたレポート「海外における『ストリートワイド訓練』の概要」によると、金融業界でのストリートワイド訓練は、2003年に英国がテロ対策として初めて実施した(英国ではマーケットワイド訓練と呼ぶ)。16の金融機関が参加し、各社の業務担当者が会議室に集まり、テロを想定したシナリオに対して、金融業界全体としての対応を議論した。 

英国では、2004年、2005年もテロを想定したストリートワイド訓練を実施。参加企業は32社、70社と毎回倍増し、それに伴い危機管理部門以外の業務部門も参加するようになった。2005年には、シンガポールの金融機関が、テロ対策の業界横断的な訓練として導入し、国際的な広がりを見せ始めていった。 

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。