もうやめよう【地震発生⇒火災発生⇒避難訓練】

今回のテーマは震災対策訓練です。多くの企業や病院・施設などでは、防災訓練といえば「地震発生⇒火災発生⇒避難」を想定した訓練で、訓練内容も例年同様。参加者も限定されるなど、マンネリ化していませんか。今回は、齋藤塾流「実践的な震災対策訓練」のポイントを、すべて公開します。次回は、「災害関連死ゼロを目指して」です。

編集部注:この記事は「リスク対策.com」本誌2014年11月25日号(Vol.46)掲載の連載を、Web記事として再掲したものです。(2016年6月7日)

1 形骸化している防災訓練
日本では、地震や台風といった自然災害に見舞われることが多いことや、消防法に基づく行政や消防署からの指導もあり、ほとんどの企業や病院・施設などで防災訓練が行われています。 

これまでの訓練の多くは、「○時○分、□□で火災発生、消火班による消火不能、直ちに△△へ避難」となっており、自衛消防隊隊長の指揮のもと、消火班、避難誘導班、救護班など、それぞれの役割に応じた訓練を行ってきました。予定された時間に必ず責任者がいて、必要な指揮を執り、必要な資機材もあらかじめ用意され、各参加者は何分後に何を実施するか決められており、何分後に火災発生、初期消火、避難誘導など、あらかじめ定められたシナリオに沿った行動が行われています。 

このような訓練では、次のような問題点が指摘されます。

○参加者が固定化し、参加意識も低く、形骸化している

○訓練のねらいが不明瞭である

○訓練回数が少ない

○勤務時間中の訓練で、夜間帯での訓練をしていない

○訓練シナリオに沿って行動しているだけである

○電気、通信等が停止した想定の訓練はしていない

○訓練の実態とマニュアル等とが合っていない

○訓練で得られた教訓等の記録や、改善がされていない 

こうした「シナリオを読み上げる訓練」または「シナリオに沿った行動訓練」を繰り返し行っても、実際の災害にはあまり役に立ちません。災害は訓練で想定していた通りに発生するのではなく、想定しない事態が発生することが多いからです。

2 訓練目標を明確にする
貴重な時間を使って訓練をするのであれば、より実践的で、かつ実効性が上がるようにするために、参加者には細かなシナリオを与えず、想定外の事態にどう行動をすべきかを考えさせる必要があります。 

では、どのようにしたら実効ある訓練ができるのかというと、まずは「訓練目標を明確化」することです。 

訓練は、目的に応じていくつかの分類に分けられます。目的に沿って、具体的な訓練目標を立てることが重要です。 

担当者や組織への習熟訓練は、人事異動があるたびに繰り返し行うことが必要です。
①テスト BCPやマニュアルが、実際に動くのかどうかを検証する
②習熟研修 BCPやマニュアルに基づき、職員に習熟させる
③演習 被害状況を想定した訓練等を実施し、その対応等を検証する
④連携 関係機関が参加した連携訓練を実施し、連携等を検証する