東日本大震災における緊急地震速報

地震の発生直後に、強い揺れを予測して警告する「緊急地震速報システム」 。東日本大震災では、東北地方を はじめ多くの地域に地震の揺れが来る前に速報を流した。一方で、今回のように断層が広い面で破壊される地震では、実際の地震の規模や震度より小さく評価してしまう課題も浮き彫りになった。

緊急地震速報システムは、地震の発生直後に、震源に近い複数の地震計でとらえた初期微動(P 波)の観測データを解析して震源や地震の規模(マグニチュード)を直ちに推定し、これに基づいて各地での主要動(S 波)の到達時刻や震度を推定し、可能な限り素早く知らせるシステムのこと。地震が発生すると、P 波(秒速約6∼7キロメートル)が先に発生し、続いて S 波(秒速約 3.5 キロメートル)が発生する。この時間差を利用することで、大きな揺れが来る前に、列車やエレベーターをすばやく制御させて危険を回避したり、工場、オフィス、家庭などで避難行動をとることによって被害を軽減させたりすることが期待される。  

緊急地震速報には、 「高度利用者向けの緊急地震 速報(予報) 」と「一般向けの緊急地震速報(警報) 」 の2種類がある。  

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方