首都直下地震を想定、155の銀行が参加

一般社団法人全国銀行協会(以下、全銀協)昨年12月に業界横断型の訓練「ストリートワイド訓練」を実施した。金融業界では、平成22年度に全銀協主催により実施した新型インフルエンザ(強毒性)の発生を想定した業界横断訓練に続く2回目の取り組み。首都直下地震の発生を想定した今回の訓練では、銀行界として業務継続にあたり相応の態勢が整備されていることが確認できた。

3.11の課題を業界全体で検証 
全銀協は、銀行業務・事務の円滑化や、経済社会全体のインフラである決済システムなどの企画、運営などを担っているが、ここ数年、銀行界全体の業務継続体制の整備・向上に資するためのBCPに関する取り組みも行っている。 

「ストリートワイド訓練」とは、業界内で設定した共通の被災シナリオの下、複数の組織を巻き込んだ大規模な被災時対応シミュレーションを行い、その結果から解決すべき問題点を洗い出す、業界レベルの業務体制の整備を検証する訓練。 

日本では、平成22年度に全銀協主催により、国内のほぼすべての銀行が参加して、新型インフルエンザ(強毒性)発生を想定した業界横断訓練を実施しているほか、今年3月には東日本大震災を想定したストリートワイド訓練が、日本銀行盛岡事務所と東北の地方銀行との協力により実施されている。

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方