「くじ引き箱」でリアルで実践的なBCM演習

株式会社ディスコ

BCP、BCMの訓練・演習の必要性は強く叫ばれているが、自社でシナリオを作って演習するにはハードルが高く、コンサルティング会社にアウトソーシングするには費用がかかりすぎる。こうした悩みを解決する新たな演習方法を取り入れている企業がある。

半導体加工装置の製造メーカーのディスコ(東京都大田区)だ。「この演習を行うだけで実用的な手順書ができあがる」。コストも手間もかからない新たな手法とは?

いかに簡単に、抵抗なく継続できるか 
「切る・削る・磨く」技術に特化してグローバルに事業展開するディスコでは、2006年からBCMに取り組み、2008年には事業継続マネジメントシステム(BCMS)の英国規格BS259992を国内半導体業界では初めて認証取得。2012年には国際標準規格となったISO22301を国内でいち早く認証取得している。 

訓練・演習にはかなりの力を入れてきた。過去には何度も大型の図上演習も実施してきたが、準備に時間や手間がかかり、継続してやり続けるにはかなりのエネルギーが必要なことが課題になっていた。 

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。