「くじ引き箱」でリアルで実践的なBCM演習

株式会社ディスコ

BCP、BCMの訓練・演習の必要性は強く叫ばれているが、自社でシナリオを作って演習するにはハードルが高く、コンサルティング会社にアウトソーシングするには費用がかかりすぎる。こうした悩みを解決する新たな演習方法を取り入れている企業がある。

半導体加工装置の製造メーカーのディスコ(東京都大田区)だ。「この演習を行うだけで実用的な手順書ができあがる」。コストも手間もかからない新たな手法とは?

いかに簡単に、抵抗なく継続できるか 
「切る・削る・磨く」技術に特化してグローバルに事業展開するディスコでは、2006年からBCMに取り組み、2008年には事業継続マネジメントシステム(BCMS)の英国規格BS259992を国内半導体業界では初めて認証取得。2012年には国際標準規格となったISO22301を国内でいち早く認証取得している。 

訓練・演習にはかなりの力を入れてきた。過去には何度も大型の図上演習も実施してきたが、準備に時間や手間がかかり、継続してやり続けるにはかなりのエネルギーが必要なことが課題になっていた。 

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方