被害状況、対応状況をリアルタイムで管理

昨年は桂川が大雨による水害で氾濫し、観光地である渡月橋付近が大きな被害を受けた京都府。人口260万人で日本有数の観光地を擁し、毎年国内外から数多くの観光客が訪れる。また、福井県の高浜、大飯原発に近接し、UPZ(緊急時防護措置を準備する区域:原発から概ね30km圏内)に8市町が含まれる。府では今年1月、5市10町1村の26市町村をはじめ消防、警察、自衛隊などの災害対応における関係機関がリアルタイムで被災状況や対応状況を共有できるシステムを構築し、4月から運用を開始した。

京都府はここ2年、連続して大きな水害に見舞われている。昨年9月には台風第18号により、由良川、桂川の水源地帯に豪雨が発生し、観光地である京都市嵐山や福知山市などで多数の床上、床下浸水が発生した。災害情報を市町村と一体となって情報共有し、府民に被害情報や避難情報をいち早く知らせることは、京都府の大きな課題だった。 

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。