災害対応を早める「状況認識の統一」手法解説
災害対応における効果的な情報共有の仕組み


災害時に、関係組織が連携して対応にあたるためには情報共有が欠かせない。どこで、どのような被害が発生しているのか、それに対してどのくらい対応が進んでいるのかなど、災害の全体像を把握し共有しなければ、組織間で足並みを揃えることはできない。その際に役に立つのがCOP(状況認識の統一:Common Operational Picture)と呼ばれる手法だ。被害状況の変化や、対応状況の変化を色分けして「見える化」することで、関係者が瞬時に情報を共有することができる。本セミナーではCOPの重要性を学ぶとともに、実際に参加者にCOPを作成してもらった。講師は、欧米で使われているCOPを研究し、東日本大震災でCOPを活用し災害復興を支援した京都大学防災研究所教授の牧紀男氏と、COPのプログラム化により組織の災害対応能力の向上を目指す株式会社レスキューナウ危機管理対応主席コンサルタントの秋月雅史氏。

ハリケーン・カトリーナ、東日本大震災でのCOP活用事例

講師:京都大学防災研究所教授 牧紀男氏


平時では、今自分がどういう状況にあって、次にどのような状況が発生するかが分かるので、通常の生活を送ることができます。しかし災害時には、東日本大震災で皆さんがご経験の通り、電車が止まるなどライフラインは寸断され、物資の配給もできなくなります。何が動いて何が止まっているのか、変化する正確な情報を知る必要があります。 

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。