地震前提から脱却せよ
国際規格ISO/IEC27031から学ぶ

ITサービスを継続させる仕組みとしてIT-BCPという言葉が使われるようになったが、多くは災害対策(ディザスターリカバリー)と同じ意味で使われていることが多い。しかし、過去に地震災害などで実際にITサービスが止まったケースがどのくらいあるだろう。

今求められているのは、災害対策のためだけでなく、
ヒューマンエラーを含めたあらゆるリスクから、ITサービスを継続させる視点だ。

■ITサービス継続の国際規格
2011年3月に、IT業務継続計画の実質的な国際規格となるISO/IEC27031(ITサービス業務継続ガイドライン:IRBC)が公開された(ISO/IEC27031:Guidelines for Information and Communication Technology Readiness for Business Continuity)。 このガイドラインは、情報セキュリティに関する国際標準の一部として策定されているが、IT担当者には分かりやすく、IT-BCP(※)の策定ポイントが述べられている。
※:ガイドラインでは IRBC (ICT Readiness for Business Continuity)と記載されているが、本文ではIT-BCPと表示する。

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方