NPO 法人広報駆け込み寺代表 


三隅説夫氏

      ×

江戸川大学教授 
濱田逸郎氏

東日本大震災では、ツイッターやフェイスブックなど誰もが手軽に情報発信できるソーシャルメディアが注目を集めた一方で、被災地では手書きで避難所に張り出された石巻日日新聞の壁新聞や、コミュニティFMなどアナログ媒体が大きな役割を果たした。そして、これらのメディアを通じて伝えられた情報の中には、現地での生活に不可欠なものもあれば、真実とは違うデマや、何が真実か分からないあいまいなものも多く含まれていた。今後のメディアコミュニケーションのあり方を、江戸川大学の濱田逸郎教授とNPO 法人広報駆け込み寺の三隅説夫代表に対談していただいた。聞き手は本誌編集長・中澤幸介。

Q  東日本大震災ではインターネットを活用したツイッターなどが情報をいち早く伝えました。濱田先生はどのように評価されていますか。

濱田:日本でインターネットが普及したきっかけの1つが阪神・淡路大震災だったと言えます。電話も携帯電話もつながらない状況の中、神戸にあったいくつかの大学や研究機関のサイトがつながったことで、インターネットのパケット通信は災害に強い、という一般的な認識に結びつきました。今回の大地震でも、携帯電話や固定電話がつながりにくい状況の中、ツイッターやスカイプなどインターネットを活用した通信手段が活躍しました。

そもそもインターネットのベースとなったARPANET(Advanced Research Projects Agency Network)という仕組みは、米国が旧ソ連に対する軍事警戒として、電話などの通信網が爆撃を受けた場合にも耐え得る通信網として開発、整備されたものですから、災害時には強いわけです。

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。