東日本大震災後の深刻な電力危機に対し、東京電力では、日本はもとより世界各国から緊急用の発電施設を誘 致し、電力の供給力の確保を進めている。英発電機レンタル大手のアグレコ社もその1社。日本とは規模が異なる世界の視点から発電機ビジネスを取材した。

■100 カ国以上に発電機を供給
アグレコは、スコットランドの首都グラズゴーに本社を置く。50 年以上の歴史を持つ世界最大のレ ンタル発電機会社だ。本拠地であるヨーロッパと北 米を中心に、中東、アフリカ、アジアなど、先進国 から新興国まで世界各地に約 150 カ所の拠点を持 つ。同社の発電機は、本拠地のスコットランドで生 産されている。  

発電機と言っても、その規模は可搬タイプから超 巨大なものまでさまざまだ。建設現場をはじめ、オリンピックやサッカーワールドカップなどのイベン ト会場、 映画の撮影場、 発電所への緊急の電力供給、 あるいは後進国などにおける開発全体を支えるよう な電源供給など、あらゆる現場に、迅速に対応できるのが同社の最大の強みだ。燃料についてもディー ゼルでもガスでも両方に対応できる。昨年1月に オーストラリアのブリズベンで発生した大洪水や同 年2月のニュージーランドでのクライストチャーチ 地震でも、同社の発電機が利用された。日本では、 2002 年の日韓ワールドカップのイベント会場で報 道機関の中継用の電源として同社の発電機が導入さ れた実績がある。 「東京電力とは、ワールドカップ を通じてお互い知り合った」と同社最高経営責任者 (CEO)のルパート・ソームス氏は話す。


■常陸那珂と袖ヶ浦に設置


東日本大震災では、東京電力からの要請を受け、 震災翌月の4月4日に 200 メガワット規模の発電機のリース契約を結んだ。同年6月中旬に、茨城県の 常陸那珂火力発電所に 100 メガワット規模のディー ゼル火力発電機を、7月には千葉県の袖ケ浦火力発 電所に 100 メガワットのガス火力発電機をそれぞ れ設置した。どちらの発電機も1機が1メガワット の発電容量を持つコンテナ型で、それぞれトラック で約 100 機を調達し、簡易発電基地を建設した。常 陸那珂は、2012 年の3月末で契約が終わり撤去し たが、袖ヶ浦については 2012 年の7月までは設置 されることになっている(その後は未定) 。2拠点 とも火力発電施設の電力供給が極端に減少した場合 や、電力需要が高まる時間帯に、電力を供給してい るという。  

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。