従業員の安否確認に役立つシステムは、大手メーカーを中心に数多く開発されている。ほとんどがパケット通信を利用したものだが、中には電話やファックスなどとも連動したサービスもある。最近では、大手警備会社や携帯キャリア、さらにはYahooなどの大手検索サイトの参入により、価格も、大幅に下がりつつある。また、サービスの内容についても、配信方法や集計方法、権限者の数の設置などメーカーにより特色があるため、組織の利用用途に適したシステムを選ぶことが重要になる。ここでは、本誌がアンケートにより得られた主なシステムを紹介する。(画像はクリックで拡大)

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方