従業員の安否確認に役立つシステムは、大手メーカーを中心に数多く開発されている。ほとんどがパケット通信を利用したものだが、中には電話やファックスなどとも連動したサービスもある。最近では、大手警備会社や携帯キャリア、さらにはYahooなどの大手検索サイトの参入により、価格も、大幅に下がりつつある。また、サービスの内容についても、配信方法や集計方法、権限者の数の設置などメーカーにより特色があるため、組織の利用用途に適したシステムを選ぶことが重要になる。ここでは、本誌がアンケートにより得られた主なシステムを紹介する。(画像はクリックで拡大)

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。