「強靭」「しなやかさ」からは連想しづらい

立命館大学 経営学部 客員教授


ナショナル・レジリエンス(防災・減災)懇談会 委員 


小林誠氏

国土強靱化推進のために設置されたナショナル・レジリエンス(防災・減災)懇談会は、回を重ねるごとに、課題や解決策など、今後日本が執るべき対応策を提案している。その中で、リスク対策の専門家である小林誠氏(立命館大学)は、ハード面に偏りがちな対策に警鐘を鳴らし、ソフト面の充実、とりわけ防災に対する教育の重要性を力説している一人だ。懇談会の委員でもある小林氏に考えを聞いた。

国土強靱化とレジリエンス 
同義語のように用いられる「国土強靱化」「レジリエンス」とだが、日本で議論している「国土強靭化」と欧米の「レジリエンス」には若干の違いがあると小林氏は指摘する。しかも、アメリカとイギリスでさえ、考え方に大きな違いがあるという。

アメリカは本来、2001年のテロ対抗策として、防護を主体としていたが、2005年にハリケーン・カトリーナを経験した後、強さ一辺倒に対する反省から、防護を補完する言葉として「レジリエンシー」が前面に押し出されてきた。しかし、いまだに同格ではなく防護優先の考えが強い。 

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方