「強靭」「しなやかさ」からは連想しづらい

立命館大学 経営学部 客員教授


ナショナル・レジリエンス(防災・減災)懇談会 委員 


小林誠氏

国土強靱化推進のために設置されたナショナル・レジリエンス(防災・減災)懇談会は、回を重ねるごとに、課題や解決策など、今後日本が執るべき対応策を提案している。その中で、リスク対策の専門家である小林誠氏(立命館大学)は、ハード面に偏りがちな対策に警鐘を鳴らし、ソフト面の充実、とりわけ防災に対する教育の重要性を力説している一人だ。懇談会の委員でもある小林氏に考えを聞いた。

国土強靱化とレジリエンス 
同義語のように用いられる「国土強靱化」「レジリエンス」とだが、日本で議論している「国土強靭化」と欧米の「レジリエンス」には若干の違いがあると小林氏は指摘する。しかも、アメリカとイギリスでさえ、考え方に大きな違いがあるという。

アメリカは本来、2001年のテロ対抗策として、防護を主体としていたが、2005年にハリケーン・カトリーナを経験した後、強さ一辺倒に対する反省から、防護を補完する言葉として「レジリエンシー」が前面に押し出されてきた。しかし、いまだに同格ではなく防護優先の考えが強い。 

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。