LPGコージェネで災害時に1カ月自立生活


LIXIL住宅研究所

建材・住宅設備機器業界最大手のLIXILグループで、アイフルホームなどのフランチャイズ住宅を手がけるLIXIL住宅研究所は先月、国土強靭化政策としても話題になっている“回復力”を指す言葉を名前に冠したコンセプト住宅「レジリエンス住宅」を発表した。来春発売予定。大震災のような災害時にも1カ月の自給自足の生活を可能にするとともに、平時から家族が健康で快適に暮らせて災害時にも丈夫な身体で臨める住宅がコンセプト。災害時のエネルギー確保は、自立性の高いプロパンガスによるコージェネレーションシステムと太陽光発電の設置が標準仕様。健康な心身をつくるアイデアは、4人の女性専門医による健康医学的な知見を汲み上げ、女性建築家がこれを総合プロデュースしてまとめあげた。

同社は、北海道から九州まで全国40の都道府県に3ブランドのフランチャイズ住宅を展開する。直近の年間完工棟数は4700棟(2012年度実績)。10月に発表した「レジリエンス住宅」は、同社が14番目のコンセプトホーム「CH14」として、東京都江東区にオープンさせた。 

レジリエンス住宅のベースになっているのは、同社が過去に手がけてきたスマートハウスと子供に優しい住宅のキッズデザイン。ここに今回考案した先進のアイデアを盛り込んだ。電気は1週間、都市ガスは2カ月不通 いざ、大震災が起きた場合に電気、ガス、水道、下水道等のライフラインが受けるダメージは相当大きい。同社広報・宣伝部によると、阪神淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災においては、次のような復旧日数を要したという。

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。