広島土砂災害:被災地へのサプライチェーン考察
軍事における兵站と産業に求められる顧客視点

広島県に限らず、毎年のように全国で豪雨災害により甚大な被害を受けながらも、なぜ被害を防げないのか、減らすことができないのか。危機管理のあり方を再考したいと思います。

■災害時の兵站とサプライチェーン 
「兵站(へいたん/ロジスティックス)」とは、戦闘地帯から後方の、軍の諸活動・機関・諸施設を総称したものと言われています。戦争における兵站には物資の配給や整備、兵員の展開や衛生、施設の構築や維持などが含まれます。もともと兵站の字義は「軍の中継点」であり、ロジスティックスは、ギリシア語で「計算を基礎にした活動」、ラテン語で「古代ローマ軍の行政官」を意味しました。さらに言うと、戦闘を実施する上で部隊の作戦行動を支援する戦闘支援、作戦行動を行う部隊の軍事的な機能を保持させる後方支援があるのですが、これらに比べて兵站はより広い範囲の概念となります。 

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方