IT×災害情報発信チーム

情報通信プロボノプラットホームがまとめた「東日本大震災情報行動調査報告書」によると、3.11で最も活用されたソーシャルメディアはTwitter。輻そうにより携帯電話などの通話が困難になるなか、友人や家族の安否をTwitterで確認した読者も多いのではないだろうか。昨年、埼玉県和光市はTwitterを活用した防災訓練を実施し、その直後に大雨が発生。市民から自主的に発信された情報で、市内の被害情報を共有した。IT×災害情報発信チームは、災害時の自治体や個人におけるITを活用した迅速な情報把握、伝達、発信による防災・減災を目指す。


IT×災害情報発信チームも、IT×災害会議から生まれた活動の1つだ。メンバーの1人である小和田香氏は、大手通信会社に勤務しながら、国家公務員非常勤、NPO理事などさまざまな顔を持つ。 



小和田氏は「数年前に難治性の病気にかかり、会社を休職していた時に、定年後もやりたい仕事がないことに気がついた。そのころからソーシャルメディアを活用し、地域を元気にする活動をしようと考えた」と話す。 

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。