桑折町半田地区は福島県の北部に位置し、奥羽山脈の裾野に広がる農村地域で、古くは日本三大銀山の1つ、半田銀山として栄えた地域でもある。1200 世帯3700 人が暮らしている。高齢者人口がそのうちの3 分の1を占めており、後期高齢者率も少し高くなっている。

半田地区住民自治協議会は2009年に設立された。14の町内会と13の地区団
体で構成され、町内会や地区団体では対応できない、地域に根差した活動を
行っている。

2011年の東日本大震災では、半田地区は震度6弱の揺れを測定した。702 棟
が被災、400 人が半田醸芳小学校に避難した。甚大な被害にも関わらず、犠牲
者はゼロだった。しかし、東京電力福島第1原発の電源喪失により放射能が放
出され、原発から65キロ北西の半田地区にも放射能が降ってきた。これにより、子どもたちの屋外での活動は自粛され、校庭での運動、プールもできなくなった。また、風評被害のため農作物の価格が大きく下落し、今なお災害前の価格には戻ってない。住宅地では建物の除染と表土のはぎ取りを行った。

 
 
ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方