よこすか海辺ニュータウンは海岸から約200mなので、津波が来れば一発で流される場所にある。全体が1992年に埋め立て事業が完了した61haの埋立地で、東京湾京浜海岸から1.9mから3mほど上がった場所。最大震度は7と想定され、長周期地震動による揺れの増幅も懸念される。津波浸水は到達波高で4m。さらに、液状化現象に伴う地盤沈下、船舶・車両・建物瓦礫などの津波漂着物による津波火災も懸念される。

海辺ニュータウンというのは6つの広域団体であり、6000 人が住んでいる連合自治体である。さらに、この町には約6万人が滞在する。

海辺ニュータウンに進出してきた全事業者を含め、まちづくり協議会を構成している。海辺ニュータウン地区に居住する住民の安心を支える地区社会福祉協議会、要配慮者に対していろいろなサービスを提供していく、あるいはニーズをきちんと聞き取っていく民生・児童委員協議会、それからPTA 連絡協議会というのがある。また、6つの広域団体を束ねる組織として、横須賀市条例に基づいて設置された地域運営協議会がある。

ソフィアステイシア(マンション)には、309 世帯、約1000 人が居住している。2003年に新築分譲されたこのマンションには、マンション管理組合とマンション自治会、さらに管理組合と自治会の合同編成組織になるソフィアステイシア自主防災会というのがある。居住者は100%加入している。

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方