■タイミングと居場所
個人が業務を続ける上で、停電対策に役立つ製品 には、例えば携帯電話の充電器をはじめ、ライトや ラジオなどさまざまなものがありますが、停電が起 きるタイミングと、自分がその時にいる場所によっ て対策を考える際の条件が変わってきます。  

例えば、夜だとすると、基本的に周りは真っ暗と 考える必要があります。月明かりしかないか、せい ぜい車のヘッドライトしかありません。外出でよそ の土地や会社などにいる場合には、土地勘がなく周 辺の環境もわからないので、自分で行動することは 難しいでしょう。  一方、昼間なら、周りは明るいので、人の行動は 活発で、駅ターミナルに人が集中して混乱が発生し たり、多数がいっぺんに携帯電話を使う、インター ネットへアクセスすることなどで、つながりにくくなることなどが想像されます。

■想定される影響(困ること)
【機能停止】
次に、想定される影響について考えてみます。  事業所内なら、エレベーターをはじめ電気で動くものは、当然止まります。照明、FAX、PBX(電話交換機) 、ネット接続機器、空調、など事業所内のほとんどのものは何らかの電気を使っているので、止まります。  

最近のトイレは水洗も電動になっているで、水を流せなくなります(旧式ではレバーで水を流してい たのが、最近はリモコンで動きます) 。当然、洗浄機能も止まります。  

机の上の PC は、ラップトップ(ノート型パソコ ン) なら内臓のバッテリーで動きますが、 デスクトップはいきなり止まります。電話機も最近は電気で 様々な機能を提供しているので、 使えなくなります。 ONU(光回線終端装置)やルーターも稼働しなく なるため、LAN やインターネット回線も使えなく なると考えられます。  

外部でしたら信号も消えますし、電車も一時的に は運行を見合わすため、公共交通網は混乱し、さら にスーパーのレジや金融機関の ATM、その他さま ざまな街の機能がストップすることになります。

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。