北京清華大学都市計画設計研究院公共安全研究所所長


神戸大学都市安全研究センター 客員教授
顧 林生氏


“壊滅的な沿岸部に学校が残っていた”

3月11日、中国北京清華大学の顧林生・(こりんせい)教授は、神戸大学都市安全研究センター3の客員教授として神戸に滞在していた。顧教授は1997年に名古屋大学大学院で博士号を取得し、日本の防災事情をよく知る中国人学者として知られる。  

震災当日の夜7時頃、顧教授は「日中の架け橋」というテーマで北京の中国国際放送(CRI:震China Radio International)からインタビューを受け、日本政府の災害緊急救援の対応状況と市民の様子を伝えるとともに、「四川大地震で日本から多大なる支援を受けた中国にとって、いま、日本を支援するときが来た」「日本が必要ならば、中国は緊急援助隊を出すべきだ」、と中国政府に訴えた。震災の翌日12日夕方には、北京市の最大の地方新聞『新京報』の特集記事に協力し、日本政府の迅速な危機対応、災害情報伝達などを高く評価した。  

2008年の四川大地震では、清華大学都市計画設計院の仲間と、中国政府の依頼を受けて被災地に赴き被害調査を実施。その後の仮設住宅のゾーニング、復興計画の作成に協力した。東日本大震災では「日本の対応を自らの目で見て、自らの体で実感したい」と、直後の3月末、4月、5月、6月と南は宮城県亘理町から、北は岩手県宮古市まで、何度も被災地を訪れている。おそらく最も被災地を歩いた外国人学者の一人だ。震災の日本政府、企業の対応をいかに見ているのか、顧教授に話をうかがった。

 

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。