災害対応力の高い住宅をスマートハウスで推進

積水ハウス

積水ハウスは、スマートハウスを基軸にした災害対応力の高い住宅の普及に取り組んでいる。同社は東日本大震災直後の2011年8月、太陽光発電、燃料電池、蓄電池の3つの電池を、住宅のエネルギー管理システムのHEMS(ヘムス:Home Energy Management System)で制御する市販住宅を世界で初めて発売、プリウスも受賞歴のある新エネ大賞も受賞した。耐震性の確保にも注力し、東北地方の震災エリアにおける震災後の新築住宅では、同社が独自に開発した制震工法の採用率はほぼ100%という。同社の分譲住宅地では防災訓練などのコミュニティ活動も支援。さらには、宅内における日常生活を快適にする取り組みの一環として、地域の防災情報をリビングに届けるテレビシステムの開発も手がけている。

太陽電池と燃料電池の2つで創エネ 
太陽光発電と燃料電池の2つの創エネルギーシステムに蓄電池を合わせた3つの電池をHEMSで制御する積水ハウスの住宅のネーミングは「グリーンファースト・ハイブリッド」。停電時にもエアコンが使えて入浴の温水も確保でき、冷蔵庫や大型テレビ、照明器具が17時間利用できる―が触れ込み。 

太陽光発電は、平均約4kWのパネルを屋根に搭載する。同社の太陽光パネルは、国内メーカーと共同開発したオリジナルのもので瓦形状をしており、一般的な太陽光パネルの雰囲気と異なり外見はスマート。年間の総発電量は約4000kWh。平時の余剰電力は売電に向けられ、4人世帯の標準家庭の場合、年間約14~15万円の光熱費削減が期待できるという。4.5kWの太陽光発電の設置コストは175万円(2013年4月同社公表値、補助金含む) 燃料電池は、ガスで給湯と発電を行うエネファームを採用。都市ガス、プロパンガスのどちらにも対応する。プロパンガスは発熱量が高いが、都市ガスに比べて高価なため、ランニングコストが都市ガス並みになる特別な料金プランをガス会社と提携して用意した。プロパンガスは、震災が起きてもガス供給が途絶する可能性が低いため、都市ガスより震災対策上優位とされる。出力は0.75kW。年間総発電量は約2500kWh。年間約5万円の光熱費削減効果が期待できるという。設置コストは約115万円(2013年4月同社公表値、補助金含む)。

ログイン

このコンテンツは、現在「リスク対策.com」雑誌定期購読者のみ閲覧できる
コンテンツになっていますが、今後、順次無料公開していきます。
定期購読者の方は、最新号に同封した「ID・パスワード」を入力して下さい。
IDとパスワードの有効期限は、次の最新号が発行される前日までとなります。
雑誌「リスク対策.com」の定期購読のお申し込みは新建オンラインストアから。