防塵・防水性保護等級IP66、耐衝撃性防犯等級IK10に対応する(写真=プレミアム・ミニドーム)

フリアーシステムズは、セキュリティカメラ「Quasar」(クエーサー)シリーズのラインナップとして「FLIR Quasar Premium Mini-Dome」(プレミアム・ミニドーム)と「Quasar Premium Bullet」(プレミアム・バレット)の2モデルを販売する。屋内外の過酷な環境での使用を想定して設計されたもので、重要なインフラ施設や遠隔にある施設、広範囲に詳細な監視を必要とする場所など、それぞれの状況で求められる証拠能力に優れた画質とコンパクトな設置性、高度なサイバーセキュリティを備える。

両モデルは、同シリーズにおける最高画質の動画監視が可能で、犯罪の科学的捜査にも最適な性能を備える。「プレミアム・ミニドーム」は5MP HDまたは4K Ultra-HD、「プレミアム・バレット」は4MP Quad HDおよび4K Ultra-HDの解像度を利用可能。多彩なレンズオプションを組み合わせて監視距離を拡大することで境界警備にも対応する。両モデルとも本体録画によるバックアップのためにSDカードを搭載するほか、動画圧縮規格H.265にも対応し、ネットワーク通信速度とストレージ容量への負荷を最小限に抑える。

「プレミアム・ミニドーム」は、短時間で天井や壁への設置が可能。保護等級IP66の防塵・防水性を備え、照明が無い状況でも内蔵の近赤外線照明によって最長40メートルの視認性を確保できる。また、改良型の3シャッターによる130デシベルのワイド・ダイナミック・レンジ(WDR)により、明るい場所と暗い場所が混在する状況でも最適なホワイトバランスを実現する。耐衝撃性防犯等級IK10に対応し、オプションのスモークバルブを使ってカメラ位置を目立たないようにすることもできる。

「プレミアム・バレット」は、一般的に支柱取付による恒久的な設置で動画監視することを想定して設計されたもので、耐衝撃性防犯等級IK10に対応する。内蔵の近赤外線照明を用いた最長60メートルの視認が可能なほか、3シャッターによる130デシベルのWDRに対応する。保護等級IP67の防塵・防水性と、-40~60度の広い動作環境温度を備える。

両モデルは、米国国防権限法に適合し、業界標準のセキュリティ・プロトコルと、ログイン・アタックやハードウェア/ソフトウェア認証、暗号化通信を含む特殊なサイバーセキュリティ強化機能も盛り込む。また、オープンプラットフォーム対応で、サードパーティ製の様々な動画管理ソリューションと合わせた利用も可能。遠隔モニタリングやイベント対応に用いる入出力デバイスの双方向音声や操作制御機能も搭載する。

そのほか、ギガビット・イーサネットにも対応し、ストリーミング性の向上と通信速度の問題の抑制が可能。出力速度の調整や特殊なストリームに対するエンコーディング機能など、ライブ映像と記録済み映像に対する動画フローのカスタマイズ・オプションにも対応する。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部