(出所)NIAC / Surviving a Catastrophic Power Outage

今回紹介する報告書『Surviving a Catastrophic Power Outage』(壊滅的な停電からの生存・存続)は、米国のNational Infrastructure Advisory Council(NIAC)が2018年12月に発表したものである。

NIACは米国国土安全保障省(DHS)(注1)に置かれている、国家のインフラに関する米国大統領の諮問委員会であり、大統領からの要求に基づいて、重要なインフラにおける物理的セキュリティやサイバーセキュリティに関する調査や、セキュリティおよびレジリエンスの向上のための解決策を提案することを使命としている。

調査はDHSやFEMA(注2)、軍関係などの公的機関や、電力会社を始めとするエネルギー関連企業などのキーパーソン65名へのインタビューと、米国における既存の対応計画や関連法規、対応体制などのレビューに基づいて行われている。

調査結果から、現在の国の対応計画や対応体制(およびそのための資源)やコーディネート戦略は、壊滅的な停電に対して不十分であるという結論に達しており、これを踏まえて本報告書では、「壊滅的な停電のための国家的アプローチをデザインする」および「セクター間の相互依存性と連鎖的な障害(cascading failure)を減らす」という2つの観点からの提言がまとめられている。ここで「セクター」とはインフラを構成する電力、石油・天然ガス、通信、金融、上下水道、交通を指す。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方