同社でカテゴライズした約300のIoT製品に関する脆弱性情報を原則日次でメール配信する

GRCSは、IoT製品に関する脆弱性情報の配信サービス「脆弱性TODAY IoT版(仮称)」を今年4月から提供する。同社でカテゴライズした約300のIoT製品(今後増加予定)について、インターネット上で毎日発表・公開される脆弱性情報を同社の専門コンサルタントが収集・整理し、当日午後にレポートとしてメール等で配信するもの。IoT脆弱性情報の迅速な提供により、実効性のあるセキュリティ対策立案をサポートする。

同サービスでは、国内だけでなく海外製品の脆弱性も対象とし、製品名・該当バージョン・深刻度を示す指標を含んだ情報を提供する。テキストデータに加え、CSV形式などパッケージ等への取込みが容易な形式での提供も可能。原則日次での配信を予定するが、対象となる脆弱性の情報量などにより配信タイミングが異なる場合がある。

同社は、IoT版の提供開始に向け、今年3月末まで日本国内の一般法人を対象にトライアルユーザー企業を募集している。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部