地震動記録を入力することで、建物・高さに応じたリアルなVR地震体験が可能

地震観測装置メーカーの白山工業は、任意の地震動記録を指定形式で入力するだけで、建物・高さに応じたリアルなVR地震体験が可能な地震体験装置「地震ザブトン+SYNCVR」を提供する。防災訓練やBCP訓練を目的とした1日利用の出張運用サービスから、イベントや企画展での短期レンタル、施設常設の長期レンタルなど、目的や場所に応じた利用を提案する。

「地震ザブトン」は、同社が大学との共同研究によって生み出した室内専用の超小型地震動シミュレーター。過去の地震観測記録や今後発生可能性のある想定地震記録を用いて大地震の揺れを再現するとともに、同期する室内被害映像によって揺れの被害をリアルに感じさせる。

新装置に搭載するVRシステム「SYNCVR(シンクブイアール)」は、日建設計とジオクリエイツが開発したもので、あらかじめ構築した汎用的な室内CGモデルへの地震動入力により、室内被害のシミュレーション映像を即時生成できる。

これにより、過去の地震観測記録に加え、今後発生可能性のある想定地震記録、建物の応答解析記録を用いたVR地震体験が可能となり、各種地震動記録の利活用が促進されるほか、建物構造によって異なる室内被害の差や耐震性能も分かりやすく伝えられるようになる。

また、従来数カ月/数百万円単位の費用がかかっていた地震動毎の被害映像作成が無料となり、目的に合わせた体験メニュー追加が容易に行える。汎用室内CGモデルとして、オフィス・マンションの2種類を標準装備するほか、独自のCGモデル作成もオプションで対応する。

同装置のレンタル価格は130万円~/月(年間契約必要)、出張運用サービスは65万円~/回。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部