(出典:NC State University's ERM Initiative and Protiviti / Executive Perspectives on Top Risks 2020)

世界1000人が30項目から選択

今回紹介させていただく調査報告書「Executive Perspectives on Top Risks 2020」は、世界各国の企業における経営層の方々1000人以上を対象として行ったアンケート調査の結果から、2020年に向けてどのようなリスクが懸念されているかを探ったものである。アンケート調査はノースカロライナ州立大学のプール経営学部(Poole College of Management)に設置されている研究機関であるERM Initiativeと、コンサルティングファームのProtivitiとの共同で2019年秋に行われ、調査報告書は2019年12月に公開されている。

アンケートの対象者は「C-suite」(注1)と総称される役員および取締役で、地域別の内訳は次のようになっている。

北米:39%
欧州:22%
アジア、オーストラリア、ニュージーランド:18%
南米、インド、アフリカ、中東:21%

アンケートではあらかじめリスクに関する30の課題がリストアップされており、これらの影響度合いが自社にとってどの程度かを、「1:全く影響がない」から「10:甚大な影響がある」までの10段階で回答する形となっている。リストアップさている30の課題については記載を省略させていただくが、「マクロ経済に関する課題(macroeconomic risk issues)」が9項目、「戦略面の課題(strategic risk issues)」が11項目、「事業運営面の課題(operational risk issues)」が 10項目となっている。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方