平時と緊急時のリーダーの役割
BCMSユーザーグループが緊急提言

事業継続マネジメントシステム(BCMS)を導入する企業やコンサルティング会社らでつくるBCMSユーザーグループ※1では、昨年から「緊リーダーシップの重要性について、提言をまとめている。東日本大震災における教訓や、急時におけるリーダーシップ勉強会」※2を立ち上げ、平常時と緊急時それぞれに求められるリーダーシップについて研究を進めており、今年中頃までには提言書として発表する予定だ。

同勉強会のメンバーである三井住友海上火災保険コンプライアンス部企画情報管理室課長の篠原雅道氏・(BCI日本支部代表)およびインターリスク総研・コンサルティング第二部の笹平康太郎氏によると、これまでも、企業や行政機関、教育機関など、様々な組織でリーダーシップの必要性は指摘されていたが、具体的にリーダーシップの開発に資金や資源を投入することはほとんどされてこなかった。一方、欧米では、多くの組織が、リーダーシップの開発に巨額を投じ、リーダーの適切な戦略のもとで動けるよう、組織力の向上に向けた活動が既に活発化しているという。 

提言の構成は、①危機を乗り越えるために必要な組織、②迫りくる大規模災害、③企業のBCP実効性向上の必※3要性、④国際標準(ISO22301)にみる平時のリーダーシップ、⑤緊急時のリーダーシップ、⑥緊急時対応のためのリーダーシップ養成プログラム、⑦BCMSユーザーグループからの提言の7章立てになる見通し。 

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方