事前に備えておくことで、被災時の応急処置により二次被害を防げる

日東電工グループのニトムズは、自然災害や暴風雨などで破損した窓や壁、屋根などの一次補修として、貼るだけで簡易補修ができる「全面粘着ブルーシート」を販売する。粘着剤が塗布されたブルーシートで、従来必要だったテープなどがなくても単体で簡易補修を行えるようにしたもの。

工事現場の資材保管などに使用される耐久性が高い国産のブルーシートを採用する。補修箇所に合わせたサイズに簡単に切ることも可能。なお、一時的な補修を目的としていることから、はがす時にのり残りする可能性があるという。

サイズは、厚さ約0.3ミリメートル×幅1メートル×長さ1メートル。材質は、基材がポリエステル、粘着剤がアクリル系。価格はオープン価格。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部