AIG損害保険は、『環境汚染賠償責任保険』において、洪水や高潮による被害を受けた施設から生じた環境汚染を起因とする第三者の身体障害や財物損壊や汚染浄化費用を補償する「洪水・高潮による環境汚染補償特約」を販売する。台風や大雨などが頻発し、洪水や高潮によって施設から汚染物質などが流出するリスクが高まるなか、補償へのニーズの高まりを受けて7月1日に新設したもの。

新たな特約では、洪水や高潮による被害を受けた工場などの施設から生じた環境汚染に起因する第三者の身体障害や財物損壊について、被保険者が損害賠償責任を負う場合に保険金を支払う。また、被保険者が負担した汚染浄化費用に対しても保険金を支払う。

支払額は、損害賠償金、汚染浄化費用、争訟費用、損害拡大防止軽減費用、求償権保全費用を合算し、1事故あたり・保険期間中2500万円まで。1事故あたり免責金額(自己負担額)は250万円。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部