サーマルカメラを追加して簡単に体温測定が可能

クラウド型映像セキュリティを手かげるイーグルアイネットワークスは、「イーグルアイ クラウド型映像監視システム(Eagle Eye Cloud VMS)」において、サーマルカメラ、ブラックボディキャリブレーションユニット、クラウド型の録画、リアルタイム通知からなる包括的な発熱測定システムを代理店経由で提供する。

Eagle Eye Cloud VMSは、映像監視システムをすべてクラウドに集約でき、アナログカメラやIPカメラなど様々なカメラを簡単に追加可能。状況に応じて録画の保存期間を途中で変更できるほか、使用料は利用した分しか発生しないため、従来システムのように高額なシステムを抱え込む必要がない。

新たな発熱測定システムでは、クラウドを活用することで係員の立ち会いが不要となるほか、必要な記録が保存され、点在する複数拠点で迅速な展開が可能。Eagle Eye Cloud VMSの既存顧客は、利用中のシステムにサーマルカメラを追加することで簡単に体温測定を行える。Sunell社、HikVision社、Dahua社、Mobotix社、FLIR社製などのサーマルカメラをサポートする。

また、カメラとインターネットの通信をブロックし、攻撃がカメラに及ばないようにする「サイバーロックダウン機能」を備え、統合するサードパーティ製サーマルカメラのサイバーセキュリティに対応する。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部