受信メールサーバー側のDMARC対応を加速する「DMARC/25 Reporter」の仕組み

TwoFiveは、送信ドメイン認証DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting & Conformance、ディーマーク)の認証結果レポートを作成するクラウドサービス「DMARC/25 Reporter」を無償提供する。

同サービスは、受信メールサーバーにDMARCレポート作成機能が備わっていない場合でも、DMARC認証結果レポートを送信可能にするもので、受信メールサーバー側のDMARC対応を加速し、メッセージングに関わる企業・団体が取り組むなりすまし撲滅サイクル強化に寄与する。

同サービスでは、利用者が「DMARC/25 Reporter」用ソフトウェアを受信メールサーバーにインストールすることで、TwoFiveが管理するクラウド環境「DMARC/25 Reporter」に認証結果データが定期的に転送される。また、「DMARC/25 Reporter」から送信元のドメイン管理者宛てに、DMARCレポートが一定の間隔で送信される。認証結果データの転送頻度は利用者が設定できる。

そのほか、同サービスでは「DMARC/25 Reporter」に蓄積された認証結果データ、レポート送信状況などをWeb UIで確認できる。クラウドサービスのため、自社で認証結果データ蓄積用のデータベースを用意する必要はない。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部