初代製品から更なるコンパクト化やユーザビリティの向上を実現

DICの100%子会社であるDICプラスチックは、防災の様々なシーンで活用できるヘルメット「IZANO(イザノ)2」(6月3日発売)を販売する。「ヘルメットらしい外観」、「現場でも使える保護性能」、「誰でも簡単に使える」をコンセプトに開発した初代「IZANO」を改良し、収納性や現場での使い勝手を向上させたほか、子供サイズにも対応した。

新製品は、折りたたみ時の厚みが従来の82ミリメートルから63ミリメートルへ、19ミリメートル薄くなった。墜落時保護規格の折りたたみ型ヘルメットとして2021年2月現在で業界最薄という。また、通常の産業用ヘルメットと同様の「内装部品の交換」を実現し、汗や汚れへの対処を可能とした。さらに、新設計の内装により、頭位サイズ47~62センチメートルをカバー。子供の装着にも対応し、着用対象者層を拡大した。

製品サイズは、縦297×横222×高さ139ミリメートル(折りたたみ時=63ミリメートル)。重量は450グラム。カラーは全9色(ホワイト、オレンジ、グリーン、ブルー、イエロー、ホワイト/オレンジライン、オレンジ/ホワイトライン、ホワイト/ブルーライン、グレー/ホワイトライン)。オープン価格での販売となる。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部