この10年で世界の防災は変わった
災害に負けない条件

災害は、地震や台風、あるいは洪水など自然によってのみもたらされるものではないことを知らしめたのが9.11 だった。この10 年、世界

写真を拡大世界経済フォーラムの第6回グローバルリスクレポート2011年度より抜粋

ではさまざまな天災や人災が発生した。2002 年~ 03 年にかけ、中国、香港を中心に700 人を超える死者を出した重症急性呼吸器症候群(SARS)。災害による被害規模の感覚を鈍らせるほど多くの犠牲を生んだ04 年のスマトラ沖大地震・インド洋津波。05 年にはロンドンで同時爆破テロが発生し、アメリカではハリケーンカトリーナが猛威を襲い、先進国の安全神話はまたも崩れた。そして、08 年にはミャンマーに多大な被害をもたらしたサイクロンナルギスに続き、中国で四川大震災が発生。09 年にはまだ記憶に新しい新型インフルエンザが世界中で流行。そして、その後も、ハイチ、チリ、ニュージーランドで大地震が発生するほか、人的災害としては、アメリカの高速道路の橋崩壊や、中国上海での大規模なマンション火災、さらには今年7月の中国の新幹線事故など大規模な災害、事故が後を絶たない。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方