夏の八ヶ岳!

8月11日(祝)は山の日です♪

夏山!のご予定がある方もいらっしゃるかも。
リュック選びも楽しい時期ですね。

ところで、みなさんの災害用の避難持ち出し袋、重たくないですか?

夏山予定がない方も、登山用のリュックを一度背負ってみていただきたいのです。テントやシュラフ、食料、バーナーなど登山道具一式が入った70リットルなんていう大容量のリュックを背負っても意外と軽いんですよ!

※画像はイメージです

ここに、災害時も荷物が軽くできるヒントがあります。

災害時、リュックがおすすめの理由のひとつに、「両手が空く」ということはだいぶ紹介されるようになってきましたが、ちゃんとしたリュックであれば、軽いということは、あまり知られていないのかも・・と思っています。

アウトドアのリュックが軽い理由、それは2つあると私は考えています。(他にもみつけたら教えてください!!)

ひとつは、揺れない工夫をしていること

揺れると、それを止めるためには質量×加速度(ma=F)の力が必要になので、荷物はその分、重く感じてしまいます。

アウトドアのリュックを背負ってみると、ウェスト部分にもベルトがついています。胸の部分にもチェストストラップがついています。それだけでも他のバックに比べ揺れないというのに、さらに肩の微調整ベルトなど、体にとことんフィットさせる工夫があります。

両肩と腰で重さを分担できるのに加え、ザックを体に密着させることで、背中の摩擦力にも重さを分散できるため、他のバックより、ずっと軽く感じるのです。

初めてアウトドア用リュックを選んだ時、人気の商品を試したのですが、特に荷物は軽く感じず・・・・。そんなものかなあと思って、女性用を試して感動しました。

微調整のストラップをひっぱるたびに荷物が格段に軽く感じたのです。あなどってはいけない、質量×加速度の力!自分の体にあっているってすごい!

アウトドアリュックだと、こんなにも微調整できる箇所があります。

よく、おすすめメーカーは?と聞かれることがありますが、自分の体にフィットしたものがとにかくおすすめ。そんなメーカーをみつけるとほんとに感動しますよー!

で、揺れないカバンを持っていたら、それはそのまま災害時の一時持ち出し袋に最適です。揺れに邪魔されず最小の力で避難できますからね!

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方