企業の事業継続を支えるために

顧客との事前調整を徹底

代替オフィスや、データセンターの運用など、日常的に企業の事業継続を支 えている IT サービス大手のサンガード社に、同社が懸念するオリンピック 期間中におけるリスクと、事業継続に向けた対策を聞いた。

「第一のリスクは、サービスを提供するための人員不足。オリンピックで ロンドン市内の交通が

麻痺して、 突 然、休暇をとって海外に行ってしまっ たり、 会社にいたとしてもテレビを 見ていて仕事が手につかなかったり …」 。  

マーケティングマネジーャ−の Daren Howell 氏から出た言葉は意外 だった。 「テロの発生や、大停電、通 信の途絶は?」と質問すると、 「それ は普段から十分すぎるほど対策をして きたことだ。オリンピックに限らずい つでもトップ3のリスクだから」と笑 いながら応じた。  

数多くの代替オフィスやバックアッ プセンターを持ち、それぞれ無停電電 源装置、 自家発電装置、 予備燃料といっ た基本的対策はもちろん、専用の通信 回線や 14 ものインターネット・サー ビス・プロバイダーとの接続環境を整 えているなど、 ハードへの自信は高い。  

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方