暑さ指数を「みえる化」し、熱中症発症のリスクが高まるとアラームを発して周知

フジクラは、熱中症予防のために活用される暑さ指数(WBGT)を電源線・通信線が不要な完全配線レスのセンサノードで計測し、その「みえる化」や警報の発報を行う「熱中症予防IoTソリューション」を提供する。

計測に用いるセンサノードは、自社開発の環境発電デバイスである色素増感太陽電池(DSSC)を搭載し、一定の照度があれば自立電源駆動が可能。データ伝送は920メガヘルツ帯の無線通信で行うため、電源配線や通信配線工事が要らず簡単に設置できる。これによって短い工期で設置できるほか、導入コストと電池交換に要するメンテナンスコストを低減できる。

また、輻射熱を測定する黒球温度センサの搭載により、正確なWBGT測定(JIS B 7922 クラス2準拠)を実現する。黒球温度センサがセンサノードと一体化することで、設置時の煩雑さを低減したほか、導入費用の削減も可能にした。データ伝送には、障害物回避性能が高いマルチホップ通信モデルと数百メートル~10キロメートルの長距離通信が可能なLoRaWAN通信モデルを採用する。

さらに、熱中症予防に有効な「みえる化」クラウドアプリケーションの提供も開始。これにより、センサノードを設置する複数拠点からの現在・過去の暑さ指数データを管理端末画面上で閲覧できる。暑さ指数が設定した閾値を超えると、管理端末画面の表示色の変化、警報音、メールによるアラーム発報をタイムリーに行う機能も備える。

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部