組織のレジリエンス力を高める方法として訓練はとても重要な位置を占めます。法令条例等でも定期的な実施が定められている訓練もあります。

ただ、訓練は受動的で面白くないものが少なくありません。この訓練に、自組織の人間がどのようにしたら能動的に取り組んでもらえるか、頭を悩まされるている組織の危機管理担当者も少なくないでしょう。

本セミナーでは、この堅苦しくなりがちな訓練を能動的で面白くするためのポイントを、実例を紹介しながら解説します。

 

チームレジリエンスの鍛え方(全5回)の概要

 

講師

【講師】

株式会社 タフ・ジャパン

代表 鎌田 修広

【プロフィール】

日本体育大学 体育学部 社会体育学科卒業。在学時はトライアスロンクラブを設立し、仲間と共に初代主将を務める。新人1年目に紳士服の上場企業でトップセールスマン達成。その後は友人の勧めもあって消防局に入局し、現場や予防課で防災訓練などの指導に従事。9年目には消防訓練センター教育課勤務、消防学校体育教官として危機管理教育にも携わる。在職中に県や他都市、さらに総務省消防庁消防大学校における「消防体育訓練」講師を担当。2011年、独立し、株式会社タフ・ジャパンを設立。消防のプロフェッショナル育成や企業、自治体、地域、教育現場など幅広いフィールドで人材育成・防災教育・労災対策・強いまちづくりをサポート。現在は総重量20キログラムのスーツケースを持ち、年間約200回全国各地へ出張中。

内容

第1回 チームレジリエンスの鍛え方
第2回 新たな価値を生み出す教育訓練
第3回 企業の自衛消防組織編
第4回 教育機関編
第5回 地域の自主防災組織編

※資料PDFダウンロード可能
 (講師資料を再構成)

目標

堅苦しい訓練に新たな価値を加えて、楽しく取り組めるようにする。

受講料

●通常オンライン受講(90日間視聴可能) 22,000円 (税込)
※自動更新はございません。1回のみのお支払いとなります。
※リスク対策.PRO会員は無料で利用できます。