災害後の混乱時でも簡易に設置し、経時変化が捉えられる

大型構造物の維持管理業務コンサルティングを手がけるTTESは、1台で様々な場所の傾きを測定できるポータブル傾斜計「tiltoru(チルトル)」のレンタルサービスを展開する。インフラや工場などの施設管理者が、日々の巡回点検のなかで気になる箇所の経時変化を把握できるように開発したもの。

災害前に「tiltoru」を建築物の気になる箇所に設置して傾きを計測しておくことで、有事後の安全判断に役立つ情報が得られる。災害後の混乱時でも簡易に設置でき、経時変化が捉えられる。計測後のデータは、位置情報とともにQRコード化され、専用アプリをインストールしたスマホ経由でクラウドにアップロードされる。クラウド上では、地図をベースにしたデータ管理により、いつ、どこで計測したデータかを分かり易く表示する。専用アプリをインストールしたスマホも計測装置とセットでレンタルする。

また、「tiltoru」はタッチパネル式で直感的かつ簡単な操作が可能。従来のポータブル測定機器では困難とされていた高精度の繰り返し測定にも対応する。そのほか、ポータブル化による故障・トラブルに対する冗長性向上や、設置型デバイスのメンテナンス費高騰への対策といったメリットも提供する。

計測装置本体のサイズは、長さ95×幅95×高さ80ミリメートル。最大重量は400グラム。測定範囲は±45度、分解能は0.01度。使用温度範囲は摂氏0度〜40度。使用湿度範囲は結露のない状態で20〜80%RH。計測精度は、測定範囲が±9度の範囲において±0.04度。

電源は、単三電池3本(DC4.5ボルト、300ミリアンペア)またはUSB外部給電(Type-c端子)。電池による連続稼働時間は、外気温摂氏20度の場合で360分。

レンタル価格は月額4万8000円(税抜、クラウド利用料・スマートフォン込み)。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部