幸せそうな家族写真も人によっては違う受け取り方も(出典:写真AC)

言えない悩み抱え爆発

「うわぁ、B課長! これヨーロッパですよねえ。素敵~。お嬢さん、カワイイ!」。数名の女性社員に取り囲まれ、嬉しそうなB課長(40歳男性)の声がそれにこたえます。「うん、この前のゴールデンウィークのときの写真だよ。家族を連れてプラハの辺りをまわってきたんだ。若いころ、その辺を旅したことがあって、美しい街並みを娘にも見せたくてね」「お嬢さん、小さいころから世界を見られるなんて、幸せですね」。その会話を苦々しい思いで聞いていたのがA子さん(34歳女性)です。

ここは都内のアパレル卸企業(従業員数300名)で、A子さんは総務部の主任をしています。A子さんは5年前に結婚しており、「男性優位のこの会社で、仕事と家庭の両立のロールモデル(お手本)になってほしい」と部長からも期待されている立場でした。

ところが彼女には人に言えない悩みがあったのです。それは、なかなか子宝に恵まれず、ここ数年不妊治療に取り組んでいることでした。それは想像していたよりもずっと辛く、先の見えない治療に不安な思いでいっぱいでした。このことはもちろん会社にも伝えていませんので、治療の時間を捻出するのも一苦労です。
仕事の報告のためにB課長のデスクに行けば、幸せいっぱいの家族写真がいやでも目に入ります。A子さんはそれを見るたび、義母からのイヤミな電話や、クリニックでの夫の落ち込んだ表情などが一気に頭の中に押し寄せ、「どうして私だけこんな思いを……」という感情で押しつぶされそうになります。

そんなある日、A子さんは些細なミスをして、B課長にきつく注意されてしまいました。「君、最近ちょっと集中力が落ちてない? また同じところを間違えてるよ。何だか普段もボーっとしてることが増えたし、悩みごとでもあるのかな? プライベートはどう? 楽しくやってるの?」そう言われたA子さんはカチンときました。

「何よ、偉そうに。自分は奥さんや子供に囲まれてシアワセ自慢しちゃって! 私の悩みも知らないくせに。《プライベートはどう?》ですって? そもそも家族の写真を飾ってるのって、子供ができない私への嫌がらせじゃないかしら? そうよ、きっとそうだわ。これはハラスメントだわ。この前会社から配られた、ハラスメント通報ダイヤルの番号が書いてあるカードはどこだっけ……」。

こうしてB課長は、A子さんからハラスメントの加害者として通報されてしまったのです。

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方