写真を拡大 (出展:2019 FM Global Resilience Index)

米国の損害保険会社FM Globalは同社のサイト上で「FM Global Resilience Index」というデータを公開している。これは同社のデータベースを含む様々な情報源から得られた情報を基に、約130カ国のビジネス環境に関するリスクを評価した結果をまとめたもので、2018年版が公開された際に本連載でも紹介させていただいたが(注1)、本稿では 2019年5月に公開された2019年版を紹介する。

この「FM Global Resilience Index」では、各国ごとに「経済面」、「リスクの内容」、「サプライチェーン」という3つのカテゴリーに分けられた12の要素に関する評価結果を用いて、スコアが算出されている。本稿のトップに掲載した図は評価結果のサマリーであり、総合的な評価が最も高い順に1位がノルウェー、2位がデンマーク、3位がスイスとなっている。ノルウェーがトップになった要因としては、「経済的な生産性の高さ」「政治の安定性」「汚職の防止」や「コーポレート・ガバナンス」などが挙げられている。また経済の石油に対する依存度が減少していることも寄与しているようである。

なお「コーポレート・ガバナンス」は、前回までの評価に含まれていた「現地のサプライヤーの品質」という要素を置き換える形で今年から新たに加わった評価要素で、これには監査や会計基準、利益相反に関する規制、株主によるガバナンスが含まれているとの事である。ちなみに「コーポレート・ガバナンス」のトップ3は上からシンガポール(総合評価21位)、ニュージーランド(同12位)、カナダ(同13位)の順で、日本の「コーポレート・ガバナンス」は42位である(注2)。

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方