平成30年7月豪雨で泥水に浸かった後の車(岡山県倉敷市真備町で、一部加工)

移動中の死亡多発

10月の台風19号では、亡くなった方の4分の1にあたる21人が車での移動中の車中死であったと、報道されています。

■台風死者4人に1人が車内で被災 避難移動の判断難しく(朝日新聞デジタル)
https://www.asahi.com/articles/ASMBM4HGYMBMUTIL014.html

台風死者4人に1人が車内で被災 避難移動の判断難

冠水した道路でもあっても、車であれば乗り切れそうに思えるかもしれません。また、深いと思ったら、引き返せばいいと思っている方もいるかもしれません。

しかし、現実の冠水道は、簡単に車が水没してしまい、脱出が不可能になってしまいます。それについては、過去に記事も書きました。

■これは逃げたくなる!100mm/時の雨の重さってどのくらい?
https://www.risktaisaku.com/articles/-/1892

今回はさらに、夜道の冠水道は、避ける事ができず突っ込んでしまう現象についてお伝えしたいと思います。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方