ゲリラ豪雨など水害・浸水被害から倉庫・建物等を守る

サンリョウは、ゲリラ豪雨などの水害・浸水被害への「備え」として、止水高1メートル以上を実現する止水シート「GENTI SANWRAP(サンラップ)」を販売する。倉庫・建物等を守るために開発されたもの。

同製品は、一般的な損害保険の水害目安である地盤面から450ミリメートルを上回る止水高1200ミリメートルまで対応し、床下・床上浸水の被害を軽減できる。また、1枚600グラムのシートをファスナーでつなぐだけで建物に合った形で組み合わせられ、簡単に設置可能。さらに、建物をラップのように包むため、広範囲で建物ごと守ることができる。使用後は乾かすだけで再利用できる。

同製品の重量は、外周40メートルで約10キログラム。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部