(写真イメージ:写真AC)

世界の自動車産業がCASEやMaaSへと変革を進めるなか、現在世界的に注目されているのが車両サイバーセキュリティーの領域です。未来の車両に関する技術が日進月歩で高度化するとともに、サイバー攻撃への継続的な対策も不可欠となっています。安心安全な未来型モビリティ社会を享受するために、各国が足並みをそろえて環境を整備していかなければならない時代に突入しました。

これらの動きを背景に、国連欧州経済委員会の自動車基準調和世界フォーラム(UNECE WP29)では、サイバーセキュリティーとソフトウエアアップデートに関する初の国際基準(UN-R155/156)が採択され、2021年1月から施行されました。英国は、国際基準策定に当たり、日本・米国とともに専門家会議で共同議長を務めています。また、世界4大監査法人の一つであるKPMGが2020年に発表した自動運転車対応指数のサイバーセキュリティー分野で、英国は世界第1位にランクされています。英国は、世界をリードするサイバーセキュリティー技術を土台に、規制緩和への柔軟な体制、世界レベルの研究基盤、そして積極的な投資などにより、車両サイバーセキュリティーにおいてさまざまな先進的な取り組みを行っています。

CAV分野における英国の先進的なアプローチとイニシアティブ

2021年1月に発表された英国運輸省委託の市場予測レポートで、2035年までに約420億ポンドの市場へ成長すると見込まれている英国のCAV(Connected and Autonomous Vehicles、コネクティッド・自動運転車)産業。英国は2015年より、CAVの重要な拠点となるべく2億ポンドを投じ、研究開発や環境整備を進めています。英国運輸省とビジネス・エネルギー・産業戦略省の共同政策部門であるCentre for Connected and Autonomous Vehicles(CCAV)が中心となり、英国でのCAVへの取り組みに資する法整備や技術開発、人材育成などへの投資を行う一方、産学官一体となってさまざまな画期的なプロジェクトを推進しています。

その主要パートナーの一つであるZenzicが2020年に発表したCAM(Connected and Automated Mobility)の2030年へのロードマップ(第2版)では、117のCAM Creatorと呼ばれるパートナー企業が参画し、CAMのビジョンを実現するため、法規制、インフラ整備、安心安全の確保などの多面的な領域における到達までの道筋を、包括的に提示しています。このロードマップにおいては、車両サイバーセキュリティーに関連するマイルストーンが50%を占めており、CAM実現にサイバーセキュリティーがいかに重要かを物語っています(これらの取り組みについては2020年12月1日に当館が開催した車両サイバーセキュリティー企業によるピッチイベントでのZenzicの基調講演でご紹介しています)。