顔認証システムと統合も可能

USEN-NEXT GROUPのアルメックスは、病院・宿泊施設向けに、非接触による検温とマスク着用を検知するAIカメラ『Cyphy-Gate(サイフィゲート)』を販売する。

同製品は、AI顔認証と検温時間が0.1秒以内(顔認証時間は0.02秒以内)という高性能な発熱検知機能を備えたサーマルカメラ。検温はカメラに映った⼈物の額で測り、マスクを着けているかも判別可能。マスク非着用時にはアラートを出すこともできるため、「来場者のスクリーニング」「検温及び確認」「来場者へマスク着用指示」「体調不良者の入館・出勤を防止」といった課題を解決できる。温度精度は±0.3度。

同製品は今年9月24日に販売スタートを発表。先行販売時(8月)には、宿泊施設・病院・クリニック・スポーツジム・法人オフィス・飲食店舗など幅広い業態から500件を上回る問い合わせがあったという。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部