体温チェックとマスク着用チェックの自動化により、人の流れを妨げることなくスムーズな運用が可能

パナソニック i-PROセンシングソリューションズ(以下、i-PRO)は、感染症の拡大防止対策を支援する映像監視システムを開発し、パナソニック システムソリューションズ ジャパンを通じて11月から販売する。オフィスや商業施設、工場、病院などの人が集まる現場において、熱が疑われる者の特定や動きの把握、マスクを着用しない者の発見、特定・発見した対象者への注意喚起や入場管理を可能にするもの。

現場での混雑の要因となる手動での体温チェックや、人の目では見逃してしまうマスク着用チェックを自動化することで、人の流れを妨げないスムーズな運用が可能。映像で記録しているため、対象者を事後確認することもできる。

同システムは、「発熱者の検知」(11月発売)と「マスク非着用者の検知」(12月発売)の2つの用途で構成する。「発熱者の検知」は、i-PROとコニカミノルタが連携して開発。i-PRO製のネットワークディスクレコーダーを、コニカミノルタのグループ会社であるMOBOTIXの「MOBOTIXネットワークサーマルカメラ」とコニカミノルタが開発したMOBOTIXサーマルカメラアプリケーションに連携させ、非接触で人間の体表面温度を計測する。また、MOBOTIXサーマルカメラで撮影した可視映像とサーマル映像をネットワークディスクレコーダーに記録する。

発熱者を検知した場合、管理担当者へ通知、もしくはデジタルサイネージの画面案内を行うことで、対象者への声がけや誘導といった入場管理の契機とすることができる。ネットワークディスクレコーダーに記録された映像で発熱者を検知した場合には、MOBOTIXサーマルカメラアプリケーションが発信するアラーム情報を元に確認できる。

「マスク非着用者の検知」は、i-PROが開発した「AIマスク非着用検知アプリケーション」をAIプロセッサー搭載ネットワークカメラで稼働させ、カメラ単体で映像内の人物を特定し、その人物の顔にマスクが装着されているかどうかをAIテクノロジーにより判定する。複数の人のマスク非着用を1つの映像内で同時に検知できるため、人の流れを妨げることなくマスクの着用をチェックできる。

マスク非着用者が検知された場合、検知時のネットワークカメラの映像をネットワークディスクレコーダーに記録するほか、デジタルサイネージを接続して対象者への注意喚起を行うこともできる。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部