窓などを開けなくても双方向のスムーズな会話を実現

NTTドコモNTTテクノクロスは、自動車などの窓ガラス越しでも会話を可能にする「ウインドウスルー会話装置」を販売する。NTTの音響信号処理技術を活用し、閉めた状態の窓ガラスやアクリル板に機器を押し当てることでスムーズな会話を実現する。コミュニケーションを妨げることなく、新型コロナウイルスの感染拡大防止に繋げられる。

同製品は、NTTメディアインテリジェンス研究所が開発した「ウインドウトーク技術」を搭載した受話器型の機器。閉めた状態の窓ガラスやアクリル板に機器を押し当てながら話すと、内蔵のエキサイター(振動素子)がガラスやアクリル板を振動させ、声を相手に伝える。相手の声は機器内蔵のマイクにより集音し、イヤホンマイクで聞くことができる。エコーキャンセラ(音響信号処理技術)によって会話の妨げになるエコーやハウリングを除去することで、双方向のスムーズな会話が可能になる。

通信回線や通信機器との接続は不要で、受話器型の機器をガラスなどの片面側から押し当てるだけでイヤホンマイクを介して会話ができる。さらに、相手側は、機器が押し当てられたガラスなどに向かって話しかけるのみで、機器などは一切不要。同製品は単三電池2本で作動、10時間程度連続利用できる。寸法は、225×70×58ミリメートル。重さは220グラム(電池含まず)。

同製品は、法人向けに販売する。業界ごとの利用シーンにあわせてカスタマイズして提供することも可能。パートナー各社と協業し、ニーズに合わせた市場展開に対応する。販売価格は、販売店や販売形態によって異なる。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部