月額150円で導入・運用負担の少ないセキュリティサービスを提供

NTTドコモは、法人向けデバイス紛失時対応サービス「ビジネス端末レスキュー」を提供する。客が所有するデバイス(Android/iOS/spモードケータイ)を紛失した際に、デバイスの位置情報の検索や、利用中断、ロック・初期化(iOSでは非対応)を行えるもの。

利用開始時のデバイスの初期設定は一切不要。デバイス紛失時の機能操作を電話で代行するドコモのサービスデスクが24時間365日利用可能。サービスの導入に伴う費用もかからず、大きな費用負担なく導入できる。

また、同サービスでは、同一企業内のデバイスの情報を一元管理する情報管理者だけでなく、デバイスの利用者も専用の管理画面で紛失時対応機能の操作を行える。これまで情報システム部門やITの専門知識を持つ社員の不在から既存のモバイルデバイス管理(MDM)サービスの導入が困難だった客でも、同サービスを通じてデバイス紛失時の情報漏えいリスクを低減できる。

利用料金は、月額150円(初回31日間無料、日割り料金なし)。2019年10月1日以降に提供している料金プランのみ対応する。
 

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部