女性の視点を重視して商品化

田村紙器製作所は、4段階で高さを調整でき、最高197センチメートルでプライバシーを守る「災害用段ボール製パーテーション」を販売する。地元自治体からの協力要請を受けて開発に着手し、女性の視点を重視して商品化したもの。自治体や法人を中心に販売する。

同製品は、災害により、避難所や会社での生活を余儀なくされる場合などでの利用を想定して製作。組み立ては工具不要で、約10分で簡単に仕切りを作れる。保管スペースを考慮してコンパクトに梱包できるように工夫し、在庫スペースの節約、配送費の低コスト化を実現した。着替えやトイレなどのパーテーションとしても使え、つなぎ合わせて利用することもできる。

仕上がりサイズ(スパン辺りの組み立て寸法)は、長さ1100×幅125×高さ995〜1970ミリメートル。梱包サイズは、長さ1118×幅306×高さ356ミリメートル。価格は、注文数量次第で決定する。

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部